©パワーV3
ロイヤリティフリー写真

法的通知

私たちが地球規模で体験したロックダウンが私たちの生活にポジティブな貢献をしたと考えられるだろうか。この状況は自らのアイデアと直面し、深く考えるさせてくれたが、しかし私たちは限られたスペースの中に拘束されていた。私たちは改めて様々なことを学ぶ時間を得ることができ、多くの物事に対し子供のようなピュアな感覚で物事を判断できるようになったのではないか。

日々忙しい私たちが放置した美しい自然から何か学ぶものはないだろうか。それは自然から私たちへの愛情なのかもしれない。

何かを避けたいかのように斜めに傾いた木、もしかするとそのすぐそばにも同じような形をした曲がった木があったのを見たことはないだろうか。もしくは大きな傷のような巨大な突起が木の幹にあるのを見たことはないだろうか。広大で穏やかな草原になぜ一ヶ所馬蹄のような形をした暗い場所があるのだろうか。

自問自答することができる。

自然は私たちに幾つかのサプライズを用意しているのではないか。

混乱した場所。もし自然の同居人である木々や草原が私たち人間のためにある影響を受けるのであれば、それは何なのか。それは私たちの健康にまで影響があるのだろうか。

Shizen to watashitachi

元会社社長であった地学生物学者が 生物と私たちの環境との間に発生するやり取り、相互作用などに関する貴重な情報をシェアしている。
地質生物学者、地質生物学とは何なのか。地質生物学という言葉は元々はギリシャ語の3つの言葉が1つになったものだ。 : Géo は 地球 – bios は 人生または生命 – logos は 科学やその知識を表す。1930年発行のLarousseと言うフランスの辞書には「惑星の宇宙的および地質的進化と起源の環境または条件、物理科学的組織および物質と生物の進化との関係を研究する科学」と記されている。