©パワーV3
ロイヤリティフリー写真

法的通知

これは定義された。「私たちを取り巻くもの」「私たちを生かすもの」「私たちが何であるか」これらの現象を生み出す相互依存の自然及び物理的概念であると言う前提で開発された認識可能で定量可能な物理的研究である。
この相互依存性を測定し、場所と健康の間になにが起こっているかを観察した。

N地質生物学者は数年かけて行ってきた彼のダイナミックな研究と観察を四百人以上の参加者に報告した。
彼は62人の地質生物学者を招き、共に知識を共有し共に研究した。
このワークグループはフランスの海外領土を含む十三のフランスの部門で今日一般的に学習及び使用されているアプローチまたは測定方法である。
地質生物学で行われる評価のほとんどは、1920年に確立されたニースのダウザーを使って行われたダウイングである。
地質この生物学者は私たちの生活環境の建設的で拡大されたビジョンを具体的に共有したいと言う思いによって進歩させ、完全にランダムな方法で土地を分析しました。そのため、彼らのフィードバックは全ての影響力から外れ、中立的な第三者(地質学者、教師、科学者)により最終的に合理化された傾向を客観的に引き出すのである。
調査は3つに分けられた :

– 住居と重病 ,

– 電磁波,

– -事故の起こりやすい場所 .



これらのテーマはそれぞれの間に関係があるだろうか?私たちの健康、私たちの行動との関係はあるか?

研究は分析されたテーマに従って質問のフレームワークが確立された。混乱の原因(質問)は各ストリームのほぼ全てで繰り返されている。調査した各ケースについて、結果は報告されている。質問表は研究のより良い理解のため、各部分で簡単に説明された「地質生物学」を参照した。

地球生物学者